143系事業用電車 ※松本車両センターでの運用は終了しました(長野転属)

 

クモヤ143系電車(2011年撮影)

 

 

     143系(直流事業用電車)

登場年月日  1986年(改造形式変更年)

配 属   JR東日本 

松本車両センター(長モト)

数  1両

主な走行路線 松本車両センター内の入替用

       篠ノ井線の霜取り(冬季)

       

 

 1978年に、荷物用電車クモニ143−5として登場後、上沼垂に配属され荷物電車として115系などに連結され使用されていましたが、国鉄の荷物輸送事業の廃止に伴い余剰となりましたが、製造後間もなかったため、事業

用車両のクモヤ143に改造されました。その後、松本へ移動して現在では松本車両センター内での入れ替えや、冬季には篠ノ井線の霜取り列車として松本〜篠ノ井間を早朝に1往復していましたが、2018年3月のダイヤ改正で篠ノ井線の霜取り運用はE127系100番台(霜取りパンタ装着編成)に代わり運用を終了しました。
 ダイヤ改正後は、長野総合車両センタ−へ転属して基地内の入換等に使用されています。

 

※2018年4月7日基準

クモヤ143

52

 

 

※訂正・不備などありましたらご連絡ください。